試合日程
MATCH SCHEDULE

2020明治安田生命J2リーグ第2節 VS ツエーゲン金沢

6月27日(土) 18:00 Kick off 石川県西部緑地公園陸上競技場

キックオフまで

ツエーゲン金沢

試合終了

0 0

0 前半 0

0 後半 0

松本山雅FC

テキスト速報

  • 前半
    0'
    松本ボールでキックオフ、試合開始
  • 前半
    0'
    予想フォーメーションは4-4-2。前節からのスタメン変更は2人。中断期間中に主力の大石が負傷し、長期離脱することとなった。開幕戦はベンチスタートだった山根がピッチで躍動し、穴を埋める以上の働きを見せたい。昨季以来二度目のリーグ戦出場となる高卒ルーキーの高安にも期待だ
  • 前半
    0'
    チームはアウェイで迎えた開幕戦に敗れ、黒星発進となった。相性の悪い相手を迎えての一戦だが、中断期間のトレーニングの成果を発揮し、画面の前の「ホームサポーター」に勝点3を届けたい
  • 前半
    0'
    予想フォーメーションは4-4-2。前節からのスタメン変更は1人。布監督は開幕戦で勝利を飾ったメンバーをほとんど変えずにアウェイに送り込む選択をした。プロ20年目のシーズンを迎えている田中隼を中心に、目指すは再びJ1という名の「頂」だ
  • 前半
    0'
    両者の過去対戦成績は6勝0分け0敗と松本の全勝
  • 前半
    1'
    左サイドの敵陣中央でFKを獲得。キッカーのセルジーニョが右足でゴール前へ浮き球のパスを送るが、相手にクリアされてしまう
  • 前半
    2'
    セルジーニョが前線へクサビのパスを供給する。阪野が落ち着いて収めると、反転しながらシュートを放つ。ボールはゴール左をとらえるが、GKのセーブに遭って得点は奪えない
  • 前半
    3'
    ルカオが前線から献身的なプレスを見せる。高い位置でボールを奪うが、味方のフォローが少なく、チャンスには至らない
  • 前半
    4'
    会場にはサポーターの姿はないが、声援を録音した音声が流れていて、ホームの雰囲気を作り出している
  • 前半
    6'
    セルジーニョが相手の守備が整っていないことを見逃さず、ペナルティエリア手前から右足で強烈なミドルシュートを放つ。ボールは枠をとらえるが、白井に防がれて得点には至らない
  • 前半
    7'
    フィールドプレーヤー全員が敵陣に入ってパスを回す
  • 前半
    9'
    ルカオ、加藤を中心に前線から連動したプレスを披露。相手に自由にビルドアップをさせず、うまく苦しめている
  • 前半
    10'
    布監督は腕を組み、厳しい表情でピッチを見つめる
  • 前半
    10'
    ペナルティエリア内で阪野が相手を背負いながらボールを収めると、阪野は後方に落とす。セルジーニョが反応してダイレクトでシュートを放つが、得点は奪えない
  • 前半
    12'
    ルカオが強じんなフィジカルを見せて前線でタメを作る。前線へ鋭いパスを供給するが、加藤には合わずにチャンスは作れない
  • 前半
    13'
    杉本が自陣で巧みなボールコントロールを見せ、攻撃のスイッチを入れる。最後は再びボールを受けた杉本がゴール前へ浮き球のパスを供給するが、相手にクリアされてしまって右CKを獲得
  • 前半
    14'
    キッカーのセルジーニョはペナルティエリア中央へマイナスのグラウンダーのパスを供給する。サインプレーでフリーになっていた鈴木が反応し、右足でダイレクトにシュートを放つが、白井のセーブに遭って得点は奪えない
  • 前半
    14'
    立ち上がりから再三相手に枠内シュートを放たれる展開が続いているが、白井が安定したプレーを披露してゴールにカギを掛ける
  • 前半
    17'
    味方のパスに反応した金子がペナルティエリア右でボールを収める。金子は後方へ落とすと、反応した大橋が右足でシュートを放つ。このボールは勢いがなく、相手にクリアされてしまうが、こぼれ球に反応した杉井がミドルシュートを放つ。しかし、村山のセーブに遭って得点には至らない
  • 前半
    19'
    セルジーニョがペナルティエリア左角付近から右足で巻いたシュートを放つ。ボールはゴール右上の隅を突く素晴らしい弾道を描くが、白井にわずかに触れられたボールはポストにはじかれて得点には至らない。絶好のチャンスを演出するが、先制点は獲得できず
  • 前半
    19'
    白井がチームをピンチから救う活躍を見せ続けている
  • 前半
    21'
    相手に攻め込まれる展開が続く。自陣で落ち着いてボールを回し、ボールキープを優先する
  • 前半
    21'
    右サイドの敵陣深くで高安がボールを収めると、後方の味方に預ける。味方はペナルティエリア内に鋭いクロスを上げると、ゴール前で反応したのは加藤。巧みな動き出しで相手マークを振り切り、フリーの状態で頭で合わせる。しかし、枠をとらえられず、絶好の得点チャンスを仕留められない
  • 前半
    21'
    絶好機を逃した加藤は悔しそうな表情を見せる
  • 前半
    22'
    飲水タイムが取られる
  • 前半
    23'
    プレーが再開される
  • 前半
    24'
    左サイドの敵陣深くから高木利が左足でクロスを供給する。しかし、中の味方には合わずに相手にクリアされてしまう
  • 前半
    25'
    高安が自陣から前線へロングパスを供給する。加藤が反応し、相手と競り合って粘るが、相手の対応に遭ってボールに触れられない
  • 前半
    26'
    右CKを獲得。ボールをセットするのは藤村
  • 前半
    26'
    キッカーの藤村が右足でクロスを供給するが、相手にヘディングでクリアされてしまい、味方のシュートには至らない
  • 前半
    27'
    阪野がアバウトな浮き球に対してうまく体を使い、ボールキープを見せる。チャンスには至らないが、前線にタメを作ることでチームに貢献する
  • 前半
    28'
    ルカオがスピードに乗ったドリブルで右サイドを突破。ルカオは中央へ横パスを供給すると、加藤が収める。加藤は味方のポジションを確認しながら最後は自らシュートを放つが、シュートコース上の相手にブロックされて左CKを獲得
  • 前半
    29'
    キッカーの藤村が右足でクロスを供給するが、ニアの相手に頭でクリアされてしまってチャンスには至らない
  • 前半
    30'
    右サイドの敵陣浅い位置でFKを獲得。キッカーのセルジーニョがペナルティエリア内へロングボールを蹴り込むが、味方のシュートにはつながらない
  • 前半
    31'
    このFKの流れから味方がボールを収めると、落ち着いて攻撃を組み立てなおす。再びボールに絡んだセルジーニョを中心に華麗なパスワークで相手の守備陣を切り崩し、最後はセルジーニョが左足でシュートを放つ。しかし、シュートコース上の相手に当たったボールはクロスバーにはじかれて得点には至らない
  • 前半
    32'
    ペナルティエリア右から阪野が強烈なシュートを放つ。しかし、白井の好セーブに阻まれて得点には至らない
  • 前半
    33'
    キッカーのセルジーニョはニアへクロスを送るが、得点には至らない
  • 前半
    34'
    このCKの流れで高安が相手と接触してしまう。顔面付近に相手の足が入るプレーを受けたが、大事には至らずにプレーは再開される
  • 前半
    35'
    立ち上がりからセルジーニョを中心に多くのチャンスを作るが、先制点を獲得できない
  • 前半
    35'
    自由自在にポジションを取るセルジーニョに守備陣が翻弄され続けているが、白井を中心にディフェンスを固め、得点は許さない
  • 前半
    37'
    右サイドの敵陣中央からペナルティエリア内へ高安が斜めのパスを供給する。しかし、味方には通らずにチャンスには至らない
  • 前半
    37'
    大橋がディフェンスラインの裏へスルーパスを供給するが、反応する味方はいない。ゴール前に効果的なパスが通らない展開が続く
  • 前半
    38'
    自陣でボールを奪って攻撃を開始。最後は左サイドの敵陣深くから高木利が左足で高い弾道のクロスを供給するが、ボールの勢いが強く、逆サイドに流れてしまう
  • 前半
    39'
    プレーが止まると、多くの選手が汗を拭う仕草を見せる
  • 前半
    40'
    鈴木が杉井のスライディングタックルを受けると、杉井のファウルの判定で右サイドの敵陣深くでFKを獲得。ボールをセットするのはセルジーニョ
  • 前半
    41'
    キッカーのセルジーニョが右足でクロスを供給すると、阪野が反応して相手と競り合う。しかし、シュートには至らない
  • 前半
    42'
    山根が左サイドの敵陣深くから右足でクロスを供給。反応した加藤がファーサイドで相手に競り勝つと、ヘディングシュートを放つ。ボールはゴール左をとらえるが、村山の好セーブに遭って得点は奪えない
  • 前半
    43'
    ルカオが相手との競り合いの中で接触し、ピッチに倒れ込む。しかし、大事には至らずに立ち上がり、プレーは再開される
  • 前半
    44'
    山根がスピードに乗ったドリブルで敵陣を持ち上がるが、複数の相手に囲まれてボールを失ってしまう
  • 前半
    46'
    森下にイエローカード
  • 前半
    46'
    森下が相手のカウンターのチャンスをファウルで止めてしまう。これが警告の対象となる
  • 前半
    46'
    アディショナルタイムは2分の表示
  • 前半
    48'
    ルカオが味方からのパスを収めて敵陣をドリブルで持ち上がる。しかし、コントロールが大きくなってしまい、相手にボールを奪われてしまう
  • 前半
    48'
    前半終了。スコアレスで試合を折り返す
  • 後半
    0'
    金沢ボールでキックオフ、後半開始
  • 後半
    0'
    前半は白井が再三好プレーを見せて無失点で乗り切った。加藤の高さを生かして得点機会は作り出せているだけに、後半は得点を奪って試合を優位に進めたい
  • 後半
    0'
    フリーポジションを取るセルジーニョが神出鬼没の躍動を見せ、攻撃をけん引している。前半に足りなかったのは得点だけだ。後半も攻め込み続けて相手ゴールをこじ開けたい
  • 後半
    2'
    前線から積極的にプレスを仕掛けてボール奪取の姿勢を見せる
  • 後半
    4'
    敵陣でボールを奪って攻撃を開始。左サイドで藤田が収めるが、相手の対応に遭ってボールを奪われてしまう
  • 後半
    4'
    右CKを獲得。ボールをセットするのはキャプテンマークを巻く藤村
  • 後半
    5'
    キッカーの藤村が右足でクロスを供給すると、味方が反応して相手と競り合う。しかし、ボールには触れない
  • 後半
    6'
    味方の斜めの浮き球のパスに反応した山根がペナルティエリア左からダイレクトでシュートを放つ。しかし、枠をとらえられない
  • 後半
    6'
    相手に攻め込まれる時間帯が続く。落ち着いてディフェンスラインでパスを回し、主導権を取り戻す狙いを見せる
  • 後半
    7'
    杉井が自陣でボールを収めると、相手の厳しいプレスをうまくかわして前線へ縦パスを供給する。ルカオがボールに触れるが、コントロールが悪く、収められない
  • 後半
    9'
    敵陣でボールを失ってもすぐさま素早いプレスを仕掛け、相手に自由にプレーをさせない
  • 後半
    10'
    阪野が右サイドを持ち上がると、中央へ横パスを供給する。鈴木が相手の対応に遭いながらもボールを収めると、落ち着いてドリブルを仕掛け、最後はペナルティエリア内から左足でシュートを放つ。しかし、白井の好セーブに阻まれてしまう。杉本がこぼれ球を拾って鋭いシュートを放つが、これも白井の好セーブに遭う
  • 後半
    11'
    金子が相手のプレスが弱いことを見逃さず、ペナルティエリア手前から左足で強烈なミドルシュートを放つ。しかし、ボールは枠の上に外れてしまって得点には至らない
  • 後半
    12'
    鈴木がペナルティエリア右角付近から前線のセルジーニョを狙ったパスを供給。通ればビッグチャンスだったが、相手にカットされてしまう
  • 後半
    13'
    カウンターの流れから最後はルカオがペナルティエリア内でシュートを放つ。しかし、ボールは右ポストにはじかれてしまい、得点には至らない
  • 後半
    14'
    橋内がピッチに倒れ込んでしまう。立ち上がることはなく、そのまま担架でピッチ外へ運び出される
  • 後半
    15'
    31橋内OUT→43常田IN
  • 後半
    15'
    橋内はプレー続行不可能。代わりに常田が投入される
  • 後半
    17'
    後半立ち上がりから攻め込む時間を作り続けているが、得点を奪えない
  • 後半
    17'
    加藤が華麗なターンで相手を翻弄すると、ペナルティエリア右から右足を振り抜いてシュートを放つ。しかし、ボールは枠の上に外れてしまって得点には至らず
  • 後半
    19'
    ハーフウェーライン付近でルカオと競り合った常田がルカオの背中に乗る形で接触してしまう。常田のファウルの判定
  • 後半
    20'
    セルジーニョが右方へ浮き球のパスを展開する。反応した田中隼が後方へ落とすが、味方のシュートには至らない
  • 後半
    21'
    白井が前線へロングパスを蹴り込む。ハーフウェーライン付近でルカオがボールに触れるが、うまく収められずにチャンスを作れない
  • 後半
    22'
    飲水タイムが取られ、プレーが中断する
  • 後半
    23'
    セルジーニョは飲水タイムの時間を活用して味方とコミュニケーションを取る
  • 後半
    23'
    プレーが再開される
  • 後半
    24'
    攻め急がずに自陣でボールを回して隙をうかがい、前線のルカオと加藤をターゲットにロングボールを蹴り込む戦術を続ける
  • 後半
    24'
    阪野がドリブルでペナルティエリア内に進入し、対じした山田を振り切って右足でシュートを放つ。しかし、白井に正面ではじかれてしまい、得点を奪えない
  • 後半
    26'
    セルジーニョ、塚川のパスワークを中心に相手守備陣を攻略する。最後は抜け出した高木利がシュートを放つが、ポストにはじかれて絶好の得点チャンスを仕留められない
  • 後半
    27'
    8杉本OUT→41久保田IN
  • 後半
    28'
    杉井が自陣で相手のパスをカットするが、すぐさま相手に奪われてしまい、チャンスは作れない
  • 後半
    29'
    セルジーニョ、久保田、鈴木の3人でテンポよくパスを回して相手を翻弄する。最後はセルジーニョがペナルティエリア内へ浮き球のパスを供給するが、味方のシュートには至らない
  • 後半
    31'
    試合を通してセルジーニョは様々なポジションに顔を出し、相手の守備陣を苦しめる
  • 後半
    31'
    ベンチでは窪田が出場の準備を進める
  • 後半
    32'
    暑さの影響からか、両チームの運動量が落ち、ともにディフェンスラインでボールを保持する展開が続く
  • 後半
    33'
    山根がスピードに乗ったドリブルでペナルティエリア手前の中央に進入する。相手のタックルを受けて倒れ込むが、主審の笛は鳴らない
  • 後半
    34'
    前線で待ち構える阪野に効果的なパスが入らず、チャンスを作れない展開が続く
  • 後半
    35'
    自陣でのパスワークが乱れてボールを失ってしまう。暑さによる疲労の色が見える
  • 後半
    35'
    7山根OUT→18窪田IN
  • 後半
    35'
    14金子OUT→20西田IN
  • 後半
    36'
    11阪野OUT→44服部IN
  • 後半
    36'
    交代機会を使い切り、勝利へ勝負を仕掛ける
  • 後半
    38'
    村山のミスキックを見逃さなかった西田が敵陣でボールを奪うと、右サイドからドリブルを仕掛ける。しかし、相手の対応に遭ってクロスを上げられない
  • 後半
    39'
    ペナルティエリア手前でボールを収めたルカオがカットインをして右足でシュートを放つ。しかし、ボールの勢いは弱く、コース上の相手にブロックされてしまう
  • 後半
    40'
    17加藤OUT→11杉浦恭IN
  • 後半
    41'
    窪田がドリブルを仕掛けてペナルティエリア手前の中央に進入するが、相手の対応に遭って左CKを獲得
  • 後半
    42'
    ボールをセットするのは藤村
  • 後半
    42'
    ゴール前のポジションの取り合いでルカオが主審に注意を受ける
  • 後半
    42'
    このCKの流れから、最後はゴール前の窪田がフリーの状態でヘディングシュートを放つ。ボールはGKに阻まれるが、窪田のオフサイドの判定
  • 後半
    43'
    久保田がペナルティエリア内で胸トラップのコントロールを見せると、右足を振り抜いて強烈なシュートを放つ。しかし、精度を欠いてボールは大きく右に外れてしまう
  • 後半
    45'
    久保田が右サイドの敵陣中央からゴール前へ高い弾道の浮き球のパスを供給するが、白井に難なく処理されてしまう
  • 後半
    46'
    アディショナルタイムは4分の表示
  • 後半
    46'
    西田が右サイドからゴール前へクロスを供給するが、相手にクリアされてしまい、チャンスには至らない
  • 後半
    47'
    ルカオが献身的なプレスを見せる中で、相手の蹴ったボールを腹部に受けてしまう。ルカオはピッチに倒れ込んでしまって立ちあがれない
  • 後半
    48'
    ルカオはいまだ立ち上がれない。担架に運ばれてピッチ外に運ばれる
  • 後半
    49'
    9ルカオOUT→29ホドルフォIN
  • 後半
    49'
    ルカオはプレー続行不可能。代わって入ったホドルフォはそのまま前線にポジションを取る
  • 後半
    50'
    西田が前線のターゲットを生かすべく、自陣からアバウトなロングボールを蹴り込む。しかし、味方には通らずに相手にクリアされてしまう
  • 後半
    50'
    ホドルフォが左サイドの敵陣深くから左足でクロスを入れるが、味方には通らない
  • 後半
    51'
    久保田がドリブルでペナルティエリア右に進入。ゴールライン際から中央へマイナスのパスを入れるが、反応する味方はいない
  • 後半
    51'
    試合終了。0-0で引き分けに終わった

MEMBERS

  • GK 23 白井 裕人
  • DF 25 高安 孝幸
  • DF 2 山田 将之
  • DF 4 石尾 崚雅
  • DF 34 杉井 颯
  • MF 14 金子 昌広
  • MF 6 大橋 尚志
  • MF 8 藤村 慶太
  • MF 7 山根 永遠
  • FW 9 ルカオ
  • FW 17 加藤 陸次樹
サブ
  • GK 31 上田 樹
  • DF 27 廣井 友信
  • DF 29 ホドルフォ
  • MF 16 本塚 聖也
  • MF 18 窪田 稜
  • MF 20 西田 恵
  • FW 11 杉浦 恭平
監督
柳下 正明

MEMBER CHANGE

80'

山根 永遠

窪田 稜

80'

金子 昌広

西田 恵

85'

加藤 陸次樹

杉浦 恭平

90+4'

ルカオ

ホドルフォ

CARD

STATS

シュート 9
GK 5
CK 5
直接FK 7
間接FK 0
オフサイド 0
PK 0

MEMBERS

  • GK 16 村山 智彦
  • DF 3 田中 隼磨
  • DF 31 橋内 優也
  • DF 15 森下 怜哉
  • DF 39 高木 利弥
  • MF 6 藤田 息吹
  • MF 17 塚川 孝輝
  • MF 27 鈴木 雄斗
  • MF 8 杉本 太郎
  • FW 11 阪野 豊史
  • FW 10 セルジーニョ
サブ
  • GK 1 圍 謙太朗
  • DF 43 常田 克人
  • DF 44 服部 康平
  • MF 20 アルヴァロ ロドリゲス
  • MF 26 山本 真希
  • MF 41 久保田 和音
  • FW 18 髙木 彰人
監督
布 啓一郎

MEMBER CHANGE

60'

橋内 優也

常田 克人

72'

杉本 太郎

久保田 和音

81'

阪野 豊史

服部 康平

CARD

45+1'

森下 怜哉

STATS

シュート 14
GK 9
CK 2
直接FK 6
間接FK 2
オフサイド 2
PK 0
主審 佐藤 隆治
副審1 熊谷 幸剛
副審2 坂本 晋悟
第4の審判員 竹長 泰彦
入場者数 0人
天候・風 曇・弱風
気温/湿度 25.9℃/49%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝

ハーフタイムの監督コメント

・奪ったボールを早く動かそう
・後半45分一丸でやろう!

試合後のコメント

■布啓一郎監督 記者会見コメント

Q:スコアレスドローという結果に終わったが、試合を振り返って?
「スコアレスという形になりましたけど、4ヶ月ぶりの公式戦ということで選手にも慣れていないところは感じました。得点はできなかったんですけども失点をしないで終えられたことは良かったと思います」

Q:リモートマッチ(無観客試合)をやってみての印象は。
「試合自体は特に何か変わったということはありませんでしたが、サポーターの皆さんの声援がないというのは残念だと思いました。ただ選手への指示などベンチからの声も含めて、よく通るなという印象を受けました」

Q:橋内優也が試合途中の負傷により、想定外の選手交代となってしまったが?
「実際ケガ人が出てしまったことで交代が少し難しくなってしまったのはありますけど、そういうアクシデントは必ずあることなので。その中でも皆がしっかりやってくれました。5人の選手交代枠をフルには使えなかったんですが、そういうところも含めて修正していければと思います」

Q:服部康平のFW起用についての狙いは?
「彼は体も大きく、実際にフィジカル的な強さも持っています。元々はFWの選手だったので、アンダーカテゴリーの代表の時にはFWで招集していますので、そういう部分も含めて特長を出してもらおうと思いました」

Q:試合前半は良い形で攻撃できたが決めきれず、後半はチャンス数が減ってしまった印象があるが問題点としては?
「まだまだ判断やパスの質などを高めていかなくちゃいけないかな、というのはあります。それは前半からもあった部分なので、そういう基本的な部分をしっかり高めていければいいと思います。せっかくボールを奪っても、また失ってロスが多くなっていく。それが後半の体力を消耗することに繋がってしまったところがあったと思います」

Q:準備段階であった手応えと、実際に90分間を戦ってみての受け止めは?
「金沢さんも準備をしてきたわけで、こうした拮抗した試合になることは十分に想定していました。今日の試合について、うちの選手たちが特別に悪かったとは思っていません。今日の試合を一つのスタートとして、色々な部分で質を上げることで次のゲームに繋げられればいいかなと思っています」

Q:村山選手を中心に無失点に抑えた守備陣への評価は?
「押し込まれる時間帯、いわゆる奪っても繋げられないで2次攻撃を受ける時間帯もありましたけども、ボックスのところでしっかりと体を張って、粘り強く守備ができたというところは評価できると思います。あとディフェンスラインだけでなく、中盤の選手たちのプレスバックなど本当に地道にやってくれました。それがゼロ(失点)という形に繋がったのかなと思います」

Q:途中出場を果たした常田克人選手、久保田和音選手の出来については?
「キャンプからいたわけではないですけどチーム内には十分に溶け込んでいますし、実際に常田の高さだったり、久保田の機動力だったりと良さを見せてくれました。彼らの持つ力はしっかり発揮してくれたのかなと思います」

Q:次節以降に繋がる、この試合での収穫とは?
「今日のゲームでは自分たちの良い時間帯もあったし、金沢さんの時間帯もあったと思います。そういう中で金沢さんの時間帯であっても全員が一丸となって、しっかり守って相手のシュートを入れさせなかった。そういう部分は評価していいかなと思います。あとは奪ったあとのボールの動かし方であったり質であったりを向上させて、また良い形で攻撃に繋げられるようにやっていければと思います」

 

■セルジーニョ選手のコメント

Q:前半はチームとしてかなりチャンスがあり、セルジーニョ選手も惜しいシュートがありましたが、惜しくも決めきれませんでした。
「総合的に良い試合をしたと思います。シュートチャンスもたくさんありましたが、(金沢の)白井選手が何度もファインセーブをしました。称賛したいと思います」

Q:前半はコンビネーションを含めて攻撃での狙いを出せていたと思いますが、後半はチャンスが減ってしまったと思います。
「(後半は)チャンスの数は少なかったかもしれませんが、4ヵ月試合が無かったことを考えると普通のことだと思います。相手も非常に疲れていたと思います。後半の入り方もお互い悪くは無かったと思っています。しょうがないところもあると思います」

Q:次は今シーズン初のホームゲームですが。
「今年はじめてのホームゲームなので必ず勝利したい気持ちでいます。今日の反省をトレーニングから改善していきたいです」

■村山智彦選手のコメント

Q:4ヵ月ぶりの公式戦で試合勘も不安視されるなか、非常に集中してチームを救ったと思います。個人のプレーについて。
「久々にこういうリモートマッチという形ですが公式戦を迎えるにあたり、いろいろな方への感謝の気持ちを僕らはプレーで恩返ししようという思いはゲーム前から持っていたので、それを表現した結果が無失点で追われて良かったと思います」

Q:相手の白井選手も素晴らしいパフォーマンスでGK同士の共演のようだった。意識したことは。
「とくに意識はしていません。前半から彼も素晴らしいセーブを連発していました。先に失点したら苦しい展開になるだろうと思っていました。負けじとではないが、GKが良いプレーを見せるとゲームが締まると思います。そういう意味ではいいゲームができたと思います。チャンスは多く作れたので、ポジティブに次に向かっていきたいです」

Q:最後尾から見ていて最後の一押しが足りなかったり、後半はチャンス自体が少なくなってしまったが、改善点は。
「ゴールが生まれなかったので、最後のチャンスの質を上げなければいけないと思います。 ゲーム全体を通して、セカンドボールの反応、出足の部分で山雅らしくない部分もあったので、もうワンテンポを上げていくことができれば良いゲームができたと思います」

Q:両ゴール裏の段ボールサポーターについて。
「はじめて見る光景でしたが、いてくださってよかったな、というのが正直な思いです。松本山雅のサポーターも30体ほどあって、直接声を届けてもらうことはできませんでしたが、見守ってくれている感じを受け、心強かったです」

■常田克人選手のコメント

Q:松本山雅に加入して初めてピッチに立った感想は?
「橋内選手のケガで交代で入ったんですが、しっかり準備はしていたので入りとしてはまずまずいけたと思います」

Q:自分のプレーの評価は。
「課題はまだまだあるが、無失点に抑えることができたのは大きいと思います。難しい時間帯での交代だったが、GKや他の選手とも常にコミュニケーションとってやれたので、それが無失点という結果につながりました」

■藤田息吹選手のコメント

Q:4ヶ月ぶりにピッチに立った感想は?
「まずは再開に向けて尽力してくださった多くの方々に感謝したいです。自分自身、感謝の気持ちを持ってプレーすることができたと思います」

Q:中盤でセカンドボールを多く拾っていました。そこに気持ちが現れていたと思いますが。
「良かったところもあったが、もう少しできたところも個人的には感じているので、次の試合に向けてもっといいパフォーマンスができるようにしたいです。チームとしてももっと攻撃と守備どちらも動けたらよかったです。カウンターもかなりやられたので、そこをしっかりしないといけないと思います」

トップへ戻る