試合日程
MATCH SCHEDULE

2020明治安田生命J2リーグ第3節 VS ヴァンフォーレ甲府

7月4日(土) 18:00 Kick off サンプロ アルウィン

キックオフまで

松本山雅FC

  • 86' オウンゴール
試合終了

1 1

0 前半 1

1 後半 0

ヴァンフォーレ甲府

  • 2' ジュニオール バホス

テキスト速報

  • 前半
    0'
    松本ボールでキックオフ、試合開始
  • 前半
    0'
    予想フォーメーションは4-4-2。前節からのスタメン変更は2人。橋内、鈴木が外れ、浦田、常田が入る
  • 前半
    0'
    予想フォーメーションは4-2-3-1。前節からのスタメン変更は3人。河田、野澤、山田が外れ、岡西、中村、武田が入る
  • 前半
    0'
    前節は金沢とのアウェイゲームで引き分けに終わるも、無失点で試合を終えた。守備での手応えをつかんだチームはホームに甲府を迎える。2トップに入ることが予想されるセルジーニョと阪野のコンビを中心に攻撃を展開し、勝点3を奪えるか
  • 前半
    0'
    前節はホームに新潟を迎えて打ち合いを繰り広げたものの、引き分けに終わった。松本とのアウェイゲームに臨む中で、前節に2得点を挙げたドゥドゥは再び決定力を発揮できるか。また、今季初スタメンの武田と中村のダブルボランチにも注目だ
  • 前半
    2'
    GOAL
    松本 0 - 1 甲府
    ゴール!!!岡西のゴールキックから前線にボールが送られる。ドゥドゥは収められないが、流れたボールをJバホスが拾ってドリブルを仕掛ける。Jバホスはペナルティエリア手前の中央までボールを運ぶと勢いよく、右足を振り抜く。このシュートがゴール左へ見事に決まり、先制点を奪う
  • 前半
    6'
    ディフェンスラインを高く保ってボールを握るが、中盤との距離感が遠く、うまくボールをつなげない
  • 前半
    8'
    左サイドからFKを得る。キッカーは内田。浮き球のパスをゴール前に放り込む。今津がペナルティエリア右からヘディングでボールを中央に落とす。だが、シュートには至らない
  • 前半
    11'
    左サイドからのCKを獲得
  • 前半
    12'
    キッカーはセルジーニョ。ショートコーナーを使い、味方からのリターンを受けたセルジーニョは左サイドの敵陣深い位置からクロスをゴール前に入れる。クロスは至近距離で相手にブロックされるも、こぼれ球はペナルティエリア内へ。ゴール前で混戦になるも、最終的に味方がファウルを犯してしまい、得点は奪えない
  • 前半
    15'
    左サイドからのスローインの流れから、内田が左サイドの敵陣中央からクロスを蹴り込む。しかし、相手にペナルティエリア左でボールをカットされてしまう
  • 前半
    17'
    泉澤が左サイドでボールを受け、ドリブルで浅く切れ込む。斜めに走り込んだJバホスにパスを入れるが、相手にボールを処理されてしまう
  • 前半
    18'
    常田がプレーの中で負傷。足を押さえて倒れ込み、担架でピッチの外に運ばれる
  • 前半
    19'
    43常田OUT→36乾IN
  • 前半
    21'
    藤田が左サイドの敵陣浅い位置から斜めに浮き球のパスを蹴り込む。走り込んだ田中隼がペナルティエリア右から頭でゴール前に折り返す。だが、惜しくも走り込んだ阪野には合わない
  • 前半
    24'
    飲水タイムが設けられる
  • 前半
    26'
    徐々に落ち着きを取り戻して思い切ったプレーが出始めるが、甲府の粘り強い守備を崩し切るには至っていない
  • 前半
    29'
    阪野が右サイドの敵陣深い位置でボールを受けるも、キープし切れない
  • 前半
    31'
    ドゥドゥが左サイドの敵陣深い位置でボールを受け、フェイントを掛けてマイナスのショートパスを入れる。味方のスルーも交え、連係プレーでシュートチャンスを作るが、相手にシュートをブロックされてしまう
  • 前半
    33'
    Jバホスが左足を押さえて倒れ込む。スタッフが駆け付けるも、うまく立ち上がれず。ともにいったんピッチを出る
  • 前半
    35'
    Jバホスがピッチに戻る
  • 前半
    36'
    浦田にイエローカード
  • 前半
    38'
    Jバホスが左サイドの敵陣深い位置からドリブルを仕掛ける。Jバホスはペナルティエリア左に進入するも、対じした相手にボールを大きくクリアされてしまう
  • 前半
    40'
    強風の影響で、浮いたボールがあおられるシーンが見られる
  • 前半
    41'
    田中隼が右サイドの敵陣深い位置からクロスを蹴り込む。ボールは直接ゴールへ向かうが、岡西の処理に遭う
  • 前半
    44'
    右サイドからのCKを獲得。キッカーはセルジーニョ。右足でクロスをゴール前に蹴り込む。しかし、ペナルティエリア中央で相手にヘディングでクリアされてしまう
  • 前半
    46'
    アディショナルタイムは5分の表示
  • 前半
    48'
    ボールを握り、セルジーニョを中心に相手を押し込んで攻撃を仕掛ける。だが、相手のフィジカルを生かした守備に苦しんで得点を奪えない時間が続く
  • 前半
    50'
    左サイドの敵陣中央でFKを得る。キッカーは内田。左足でクロスをゴール前に蹴り込む。味方が飛び込むが、惜しくも合わない
  • 前半
    51'
    前半終了。0-1と、アウェイの甲府のリードで試合を折り返す
  • 後半
    0'
    甲府ボールでキックオフ、後半開始
  • 後半
    1'
    右サイドからのCKを獲得
  • 後半
    2'
    キッカーは内田。ショートコーナーを使い、右サイドの敵陣深い位置の中村にボールが入る。中村はタイミングをずらしてゴール前にクロスを蹴り込むが、味方には合わない
  • 後半
    5'
    右サイドからのCKを獲得。キッカーは内田。左足でクロスをゴール前に蹴り込む。しかし、村山に処理されてしまう
  • 後半
    7'
    セルジーニョを中心に前線でボールを素早く動かし、厚みのある攻撃を展開。だが、シュートまで持ち込めない
  • 後半
    10'
    立ち上がりには甲府に一方的に攻め込まれるが、チーム全体で耐え抜く。徐々にボールポゼッションを上げていく
  • 後半
    12'
    セルジーニョがペナルティエリア左からシュートを放つ。しかし、岡西に防がれてしまう
  • 後半
    16'
    阪野にイエローカード
  • 後半
    17'
    3田中隼OUT→27鈴木IN
  • 後半
    17'
    17塚川OUT→41久保田IN
  • 後半
    18'
    29JバホスOUT→17金園IN
  • 後半
    19'
    左サイドの敵陣中央でFKを得る
  • 後半
    20'
    キッカーはセルジーニョ。右足でクロスをゴール前に入れる。味方がジャンプするも、相手に先にボールに触られてしまい、合わせられず
  • 後半
    22'
    15中村OUT→4山本IN
  • 後半
    23'
    杉本が敵陣中央から右足を振り抜く。だが、シュートは相手に触られてしまってコースが変わり、枠の外に外れてしまう
  • 後半
    26'
    相手にボールを持たれる展開となり、4-4-2のブロックを形成して対応する時間が続く
  • 後半
    29'
    内田が自陣の左サイドで久保田と激しく接触。足を押さえて倒れ込み、苦もんの表情を見せる
  • 後半
    30'
    飲水タイムが設けられる
  • 後半
    30'
    39内田OUT→21荒木IN
  • 後半
    30'
    11泉澤OUT→18太田IN
  • 後半
    31'
    39高木利OUT→20AロドリゲスIN
  • 後半
    31'
    8杉本OUT→44服部IN
  • 後半
    34'
    久保田がペナルティエリア右角付近からクロスをゴール前に入れる。だが、得点にはつながらない
  • 後半
    35'
    ペナルティエリア手前の中央でFKを獲得
  • 後半
    36'
    ボール付近にはAロドリゲスとセルジーニョが立つ
  • 後半
    37'
    キッカーはセルジーニョ。右足を振り抜く。だが、シュートは岡西に防がれてしまう
  • 後半
    41'
    GOAL!
    松本 1 - 1 甲府
    ゴール!!!中盤から久保田がペナルティエリア右に浮き球のパスを蹴り込む。走り込んだ鈴木にボールが通り、鈴木はゴール前にパスを折り返す。阪野がゴール前に飛び込むと、阪野の手前でDFが触り、ゴール方向に向かったボールはGKの手をはじいてゴールネットを揺らす
  • 後半
    45'
    敵陣浅い位置でFKを得る。キッカーのセルジーニョがペナルティエリア右に浮き球のパスを蹴り込む。だが、味方がファウルを犯してしまう
  • 後半
    46'
    アディショナルタイムは5分の表示
  • 後半
    48'
    鈴木が敵陣中央から右足を振り抜く。だが、グラウンダーのシュートは枠の左に外れてしまう
  • 後半
    50'
    セルジーニョが敵陣中央から強引にシュートを放つ。しかし、蹴り込んだボールは枠には飛ばない
  • 後半
    51'
    試合終了。1-1で引き分けに終わった

MEMBERS

  • GK 16 村山 智彦
  • DF 3 田中 隼磨
  • DF 2 浦田 延尚
  • DF 15 森下 怜哉
  • DF 43 常田 克人
  • MF 6 藤田 息吹
  • MF 17 塚川 孝輝
  • MF 8 杉本 太郎
  • MF 10 セルジーニョ
  • MF 39 高木 利弥
  • FW 11 阪野 豊史
サブ
  • GK 1 圍 謙太朗
  • DF 36 乾 大知
  • DF 44 服部 康平
  • MF 20 アルヴァロ ロドリゲス
  • MF 26 山本 真希
  • MF 27 鈴木 雄斗
  • MF 41 久保田 和音
監督
布 啓一郎

MEMBER CHANGE

19'

常田 克人

乾 大知

62'

田中 隼磨

鈴木 雄斗

62'

塚川 孝輝

久保田 和音

76'

杉本 太郎

服部 康平

76'

高木 利弥

アルヴァロ ロドリゲス

CARD

36'

浦田 延尚

61'

阪野 豊史

STATS

シュート 13
GK 8
CK 8
直接FK 11
間接FK 1
オフサイド 1
PK 0

MEMBERS

  • GK 31 岡西 宏祐
  • DF 3 小柳 達司
  • DF 5 今津 佑太
  • DF 8 新井 涼平
  • DF 39 内田 健太
  • MF 16 松田 力
  • MF 15 中村 亮太朗
  • MF 14 武田 将平
  • MF 11 泉澤 仁
  • FW 10 ドゥドゥ
  • FW 29 ジュニオール バホス
サブ
  • GK 33 小泉 勇人
  • DF 4 山本 英臣
  • MF 21 荒木 翔
  • FW 18 太田 修介
  • FW 17 金園 英学
  • FW 9 ラファエル
  • FW 44 ハーフナー マイク
監督
伊藤 彰

MEMBER CHANGE

63'

ジュニオール バホス

金園 英学

67'

中村 亮太朗

山本 英臣

75'

内田 健太

荒木 翔

75'

泉澤 仁

太田 修介

CARD

STATS

シュート 3
GK 14
CK 5
直接FK 13
間接FK 1
オフサイド 1
PK 0
主審 東城 穣
副審1 間島 宗一
副審2 篠藤 巧
第4の審判員 山際 将史
入場者数 0人
天候・風 曇・中風
気温/湿度 23℃/75%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝

ハーフタイムの監督コメント

・シンプルに攻めること
・前を狙っていくこと

試合後のコメント

■布啓一郎監督 記者会見コメント

Q:1-1の引き分けに終わったが、試合を振り返って?
「いわゆる立ち上がりですね。ケアはしていたんですが甲府さんにはスピードのある選手が多いので、セカンドボールを持っていかれて、スタートからショッキングな失点がありました。そこからケガ人なども出ましたけども何とか持ち直して、後半は少しずつボールを繋ぐことができて、シュートシーンを作ることによって追いつくことができました。逆転するまではいかなかったんですが、勝点1を取ることができたことについては、選手たちもよくやってくれたと思います」

Q:ケガ人もあり前節から守備面でメンバーや並びなどを変更したが、その影響は?
「公式戦ではやっていないメンバーだったのは事実ですけど、そういう練習やトレーニングマッチはやってきました。新しいメンバーだったからということではなく、競り合ったあとのセカンドボールの対応で、球際のところでワンバウンドしたボールを持っていかれ、その後のカバーリングも遅れてしまった。もちろん個人戦術もありますけど、グループ含めて、しっかりやるべきことをやっていけばいいんじゃないかと思っています」

Q:後半に2度、2枚替えを行っているが、攻撃面については?
「1点を追いかけていたので、攻撃的なカードを切っていくという形になりました。交代した選手についてはアシストしてくれたり、その他の選手もアグレッシブにボールを前に運んでくれたり、よくやってくれたと思っています。ただ、できなかったというか少し雑となったというか、上から行くところと下から崩していくところのバリエーションをうまく作れれば、もっと甲府さんも守り辛かったのかと思います。そういうところの質を上げていければと思います」

Q:ホーム開幕戦ということで特別な気持ちもある中で、ホームゴール裏には多くのパネル型サポーターがチームを後押ししていたが?
「選手たちもかなり集中してくれて練習から準備をしてくれたと思いますし、私自身もホーム開幕戦ですから勝点3を取りたかったのはありました。その中でパネル型サポーターの数は、さすが山雅だなと実感しました。今節はリモートマッチでしたが、あれだけのパネル型サポーターが見守ってくれて、またDAZNでも多くの方が応援してくれたことは嬉しく思っています」

Q:3バックを採用した狙いと評価について。
「甲府さんのシステムもあるし、橋内がケガをしたということも踏まえて、何をすれば一番うちにとって良い選択になるかを考えました。3バックも4バックも中断期間中にやってきたので、3バックを選択させてもらいました。評価についてですがケガ人が出てしまいましたが、途中から出た乾も集中してやってくれましたし、最初に1点は失ったものの、その後は甲府の強烈なアタッカーたちを上手く封じめ込めたと思います。十分やってくれました」

Q:攻撃面ではオウンゴールから1点を取ったものの、最後まで崩しきれなかったようだが?
「最終的にフィニッシュでやり切って終わるのは課題ですが、最後の質のところを向上しないといけない。ラストパスであったり、フィニッシュで終われるタイミングで入っていくところだったり、そういうところはもっと上げていきたいと思います。ただボールの動かしや、やろうとしていることに関しては僕はそれほど悪くなかったと思っています。ボールを動かし関わっていく人数や、コンビネーションについては及第点かなと。さらに上げていくことで、もっと得点のとれるチームにしていきたいと思います」

Q:試合終盤には積極的な選手交代をして、前線の並びも変えたと思うが、残り15分間の戦いについて。
「やはり前進することへのパワーを出すという強い気持ちと、良い判断と良い技術。全てが完璧だったわけではないですが、それを出すことによって相手ゴールに迫る回数を増やすことができたと思います。並びを変えたことについても私が思っていたような顔を作ることができて、2点目は取れなかったですけど、選手たちはよくやってくれたと思います」

Q:今週の練習でも、奪ったボールを失わないよう取り組んでいたが評価は?
「奪ったボールをテンポよく動かすことが今日はできて、ボランチのところでも起点を作ることができたのはよかったと思います。ただ、前節の対戦相手の金沢のマンツーマン守備と、今日の甲府さんのゾーン守備の違いは多少あって、甲府さんは先行したことで前にあまり出てこなかった部分もあったと思います。相手が厳しいプレッシャーをかけてきた中でも、しっかり奪ったボールを繋げるような質の向上は継続して取り組んでいきたいです」

■鈴木雄斗選手のコメント

Q:途中出場だったが自身の役割とゴールシーンを振り返って
「1点ビハインドだったので(久保田)和音と一緒に投入されたのは、ゴールをこじ開けるのが役目だと思います。
(ゴールシーンは))背後を取ることを意識していたところに和音から良いパスを通してくれたので、中で豊くん(阪野)がオウンゴールということでしたが、しっかり走ってくれていたので、そこにボールを流せたのは良かったかなと思います。

Q:今日ホーム開幕を迎えることができ、今後の意気込みは
「まさかこういう形(リモートマッチ)でホーム開幕戦を迎えることになるとは思っていませんでしたが、(スタジアムに)入ってきた
ときも、サポーターの皆さんがメッセージを書いてくれた紙が廊下に貼ってあって、それだけじゃなく普段は埋まっているはずのスタンドに(サポーターの)パネルがたくさんありました。
普段とは違う形でしたがたくさんの方の後押しがあることはすごく感じていた。チームとしてもサポートをしてくれている方のためにも、という気持ちはあるし、勝ちたかったという悔しい気持ちがあります。
今日と前節のこの引き分けを最後に生かすためには次が大事なので、切り替えて次に向かって勝てるようにいい準備をしていきたいと思います」

■久保田和音選手のコメント

Q:86分、同点ゴールの起点となるパスを出したが?
「最後の方は相手もオープンな展開になって、中盤でもボールを持ちやすくて、良い形で(鈴木)雄斗くんが走ってくれていたので、そこにパスを出すだけでした。
こういう拮抗したゲームでは途中交代の選手の役割が大事になるので、少しでも流れを変えてやろうという気持ちを持って、常にやっています。交代選手としての役割は果たせたかなと思いますが、あそこで逆転まで持ち込まないといけないのも交代選手の役割だと思うので、そこはもっとやっていきたいです」

Q:今季ホーム開幕戦ということで、ホームゴール裏には900枚ほどのパネル型サポーターが後押ししていたが?
「サポーターの皆さんの顔が見えるので、すごく後押しになりました。だからこそ2試合連続で引き分けて、勝点1ということに終わっているので、次こそは絶対に勝点3を取れるようにしていきたいと思います」

■乾大知選手のコメント

Q:アクシデントで途中交代でしたが、試合への入り方はどうでしたか?
「急な出場でしたがスムーズに入れたと思います。今までやってきたことを出そうと思いながらプレーしました。後半追いついたところは良かったですが、最初の失点のところやシュートを決めきる力をもっと上げていかなければいけないと思います」

Q:次に向けての意気込みは?
連戦が多くなってくるので、チーム全員の力が必要だと思います。一人ひとり、やるべきことをやって頑張りたいです。

■服部康平選手のコメント

Q:試合を振り返っていかがですか?
「点が必要なところで交代してピッチに入っているので、得点できなかったのは課題です。そこで得点できれば勝てた試合だったので、もう一度練習からしっかり取り組んでいかないといけないなと思いました」

Q:次に向けた意気込みを
「2試合続けて引き分けで終わっているので、この引き分けを意味のあるものにするためにも次の試合は大事になってきます。次は絶対に勝ち点3を取りに行きたいです」

トップへ戻る