試合日程
MATCH SCHEDULE

2020明治安田生命J2リーグ第4節 VS アルビレックス新潟

7月11日(土) 18:00 Kick off デンカビッグスワンスタジアム

キックオフまで

アルビレックス新潟

  • 33' 田上 大地
試合終了

1 0

1 前半 0

0 後半 0

松本山雅FC

テキスト速報

  • 前半
    0'
    新潟ボールでキックオフ、試合開始
  • 前半
    0'
    予想フォーメーションは4-4-2。前節からのスタメン変更は4人。堀米、Gゴンザレス、ロメロ、シルビーニョが外れ、舞行龍ジェームズ、島田、本間、ペドロマンジーが入る。注目は2トップに入ることが予想されるファビオとペドロマンジー。スタジアムに観客を迎えての一戦で、ホーム初勝利をつかめるか
  • 前半
    0'
    予想フォーメーションは4-4-2。前節からのスタメン変更は2人。常田、田中隼が外れ、乾、鈴木が入る
  • 前半
    0'
    両者の過去対戦成績は3勝1分け1敗と新潟の勝ち越し
  • 前半
    0'
    新潟は舞行龍ジェームズ、松本はセルジーニョがそれぞれキャプテンマークを巻いている
  • 前半
    3'
    ファビオがピッチに倒れ込むが、しばらくして起き上がる
  • 前半
    5'
    3バックの陣形を取り、ビルドアップを行う
  • 前半
    7'
    本間がボールを受けると、田上へパスを出す。田上はペナルティエリア手前の中央から思い切ってシュートを放つが、枠を大きく外れてしまう
  • 前半
    8'
    高木利が左サイドでドリブルを仕掛け、左足でクロスを上げるが、DFにブロックされてしまう
  • 前半
    10'
    左サイドから田上がロングスローを行う。ゴール前へボールを供給するが、味方には合わない
  • 前半
    11'
    新井が右サイドからドリブルで切れ込み、ペナルティエリア手前の中央から左足で強烈なシュートを放つ。しかし、DFにブロックされてしまう
  • 前半
    12'
    杉本がペナルティエリア手前の右から右足でシュートを放つが、藤田に処理されてしまう
  • 前半
    14'
    左サイドの本間を中心に、積極的に攻撃を仕掛ける
  • 前半
    15'
    右サイドの敵陣中央でボールを持った鈴木がペナルティエリア内へディフェンスラインの裏を狙ったスルーパスを供給。セルジーニョが抜け出してGKと1対1となり、ペナルティエリア右から右足でシュートを放つ。しかし、枠の左へ外れてしまう
  • 前半
    18'
    スタンドからは、選手のプレーに対して何度も拍手が送られる
  • 前半
    19'
    右CKを獲得。キッカーの藤田はショートコーナーで再開するが、チャンスとはならない
  • 前半
    20'
    敵陣中央で渡邉新がDFと交錯して倒れるが、シミュレーションと判定される
  • 前半
    23'
    相手にボールを保持されると、ディフェンスラインを積極的に押し上げてゴール前へ迫らせない
  • 前半
    24'
    右CKを獲得。キッカーのセルジーニョがアウトスイングのクロスを上げると、ファーサイドで浦田が頭で合わせる。しかし、枠をとらえられない
  • 前半
    25'
    飲水タイムが設けられ、プレーが一時的に中断
  • 前半
    27'
    杉本が低い位置まで下がってビルドアップに参加し、チャンスをうかがう
  • 前半
    30'
    ペドロマンジーがセンターサークル付近で倒れ込むが、しばらくして起き上がる
  • 前半
    31'
    セルジーニョがペナルティエリア手前の左からゴール前へ浮き球のパスを送るが、DFにクリアされてしまう
  • 前半
    32'
    新井が右サイドの敵陣深くからクロスを上げると、DFにブロックされて右CKを獲得
  • 前半
    33'
    GOAL
    新潟 1 - 0 松本
    ゴール!!!キッカーの島田が左足でクロスを供給すると、ファーサイドで競り合った舞行龍ジェームズが胸で落とす。ゴール前で田上が反応し、ダイレクトでシュートを放つ。ネットを揺らし、先制に成功
  • 前半
    36'
    本間が左サイドでボールを受けると、切り返して右足でクロスを送る。しかし、味方には合わず、直接ゴールラインを割ってしまう
  • 前半
    37'
    ペナルティエリア手前の右でFKを獲得
  • 前半
    39'
    絶好の位置でのFK。キッカーの田上は右足で直接ゴールを狙うも、シュートは枠の右に外れてしまう
  • 前半
    41'
    先制してからも積極的に攻撃を行うが、相手のブロックを前にシュートで終われない
  • 前半
    44'
    カウンターの流れからファビオがボールを持つと、相手を巧みにかわしてペナルティエリア左から左足を振り抜く。しかし、村山の好セーブに遭い、惜しくも追加点とはならない
  • 前半
    46'
    アディショナルタイムは2分の表示
  • 前半
    48'
    前半終了。1-0と、ホームの新潟のリードで試合を折り返す
  • 後半
    0'
    松本ボールでキックオフ、後半開始
  • 後半
    0'
    両チームともにハーフタイムでの選手交代はなし
  • 後半
    3'
    両サイドを広く使ってビルドアップを行い、相手ゴール前へ接近する機会をうかがう
  • 後半
    6'
    渡邉新が敵陣中央からドリブルを開始すると、ペナルティアーク付近からペナルティエリア内へスルーパス。ペドロマンジーが走り込むが、ボールは右サイドへ流れてしまい、チャンスとはならない
  • 後半
    8'
    藤田がペナルティエリア手前の中央から前線へスルーパスを供給。阪野が反応して抜け出すと、ペナルティエリア内でDFと交錯して倒れ込む。松本の選手たちはPKをアピールするが、ノーファウルの判定
  • 後半
    11'
    右サイドの敵陣深くから鈴木がクロスを送ると、ゴール前で阪野がGKと競り合う。しかし、ファウルを取られてしまう
  • 後半
    12'
    19ペドロマンジーOUT→24ロメロIN
  • 後半
    15'
    右サイドの敵陣中央でロメロが倒されてFKを獲得。すぐにリスタートし、ビルドアップを再開
  • 後半
    16'
    ファビオが左サイドの長い距離をドリブルで持ち上がると、ペナルティエリア手前の左からペナルティエリア内へ浮き球のラストパスを送る。ロメロが走り込むが、ボールは流れてしまう
  • 後半
    16'
    8杉本OUT→20AロドリゲスIN
  • 後半
    19'
    自陣の右サイドで島田が塚川と交錯して倒れ込むが、すぐに立ち上がる
  • 後半
    21'
    舞行龍ジェームズが自陣のペナルティエリア付近で足を痛めて倒れ込む
  • 後半
    22'
    10本間OUT→33高木IN
  • 後半
    22'
    5舞行龍ジェームズOUT→28早川IN
  • 後半
    23'
    飲水タイムが設けられ、プレーが中断
  • 後半
    24'
    17塚川OUT→41久保田IN
  • 後半
    24'
    11阪野OUT→18高木彰IN
  • 後半
    26'
    秋山が右サイドの敵陣深くでDFを背負いながらボールを持つが、そのままゴールラインを割ってしまう
  • 後半
    27'
    右CKを獲得。キッカーの島田が低弾道の鋭いクロスを上げるが、中央の味方には合わず、ボールは直接逆サイドのタッチラインを割ってしまう
  • 後半
    29'
    セルジーニョが味方からのマイナスのパスを受けると、左サイドの敵陣中央から右足を振り抜く。しかし、グラウンダーのシュートは枠の左に外れてしまう
  • 後半
    31'
    高木利が左サイドの敵陣深くで抜け出すと、左足で低い弾道のクロスを送る。しかし、DFにはね返されてしまう
  • 後半
    32'
    敵陣中央の右でFKを獲得。キッカーのセルジーニョが強烈なシュートを放つが、壁に阻まれてしまう
  • 後半
    34'
    久保田がセルジーニョとのワンツーからペナルティエリア手前の中央で右足を振り抜く。しかし、藤田にセーブされてしまう
  • 後半
    36'
    2浦田OUT→44服部IN
  • 後半
    37'
    波状攻撃を仕掛けるが、藤田の積極的な飛び出しを前にチャンスを生かせない
  • 後半
    39'
    2新井OUT→31堀米IN
  • 後半
    41'
    敵陣中央で渡邉新がファウルを受けてFKを獲得
  • 後半
    42'
    キッカーは直接ゴールを狙うも、シュートは壁に当たってしまう
  • 後半
    45'
    ロメロが左サイドの敵陣深くでボールを受けると、ボールをキープして時間を使う
  • 後半
    46'
    アディショナルタイムは4分の表示
  • 後半
    47'
    味方がディフェンスラインの裏を狙ったパスを前線に送ると、服部が反応してペナルティエリア内へ走り込む。だが、間に合わずにゴールラインを割ってしまう
  • 後半
    48'
    渡邉新が右サイドからドリブルでペナルティエリア右へ進入し、ゴールライン際からマイナスのパスを送る。しかし、DFにクリアされてしまう
  • 後半
    49'
    観客は手拍子を送って選手を後押しする
  • 後半
    50'
    試合終了。1-0でホームの新潟が勝利

MEMBERS

  • GK 41 藤田 和輝
  • DF 2 新井 直人
  • DF 3 マウロ
  • DF 5 舞行龍ジェームズ
  • DF 50 田上 大地
  • MF 20 島田 譲
  • MF 6 秋山 裕紀
  • MF 11 渡邉 新太
  • MF 10 本間 至恩
  • FW 9 ファビオ
  • FW 19 ペドロ マンジー
サブ
  • GK 1 大谷 幸輝
  • DF 27 大本 祐槻
  • DF 28 早川 史哉
  • DF 31 堀米 悠斗
  • MF 8 シルビーニョ
  • MF 24 ロメロ フランク
  • MF 33 高木 善朗
監督
アルベルト

MEMBER CHANGE

57'

ペドロ マンジー

ロメロ フランク

67'

本間 至恩

高木 善朗

67'

舞行龍ジェームズ

早川 史哉

84'

新井 直人

堀米 悠斗

CARD

STATS

シュート 8
GK 7
CK 6
直接FK 15
間接FK 1
オフサイド 1
PK 0

MEMBERS

  • GK 16 村山 智彦
  • DF 2 浦田 延尚
  • DF 15 森下 怜哉
  • DF 36 乾 大知
  • DF 39 高木 利弥
  • MF 6 藤田 息吹
  • MF 17 塚川 孝輝
  • MF 27 鈴木 雄斗
  • MF 8 杉本 太郎
  • MF 10 セルジーニョ
  • FW 11 阪野 豊史
サブ
  • GK 1 圍 謙太朗
  • DF 3 田中 隼磨
  • DF 33 大野 佑哉
  • DF 44 服部 康平
  • MF 20 アルヴァロ ロドリゲス
  • MF 41 久保田 和音
  • FW 18 髙木 彰人
監督
布 啓一郎

MEMBER CHANGE

61'

杉本 太郎

アルヴァロ ロドリゲス

69'

塚川 孝輝

久保田 和音

69'

阪野 豊史

髙木 彰人

81'

浦田 延尚

服部 康平

CARD

STATS

シュート 7
GK 10
CK 5
直接FK 9
間接FK 1
オフサイド 1
PK 0
主審 大坪 博和
副審1 数原 武志
副審2 竹長 泰彦
第4の審判員 田中 玲匡
入場者数 3,567人
天候・風 曇・無風
気温/湿度 25℃/69%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝

ハーフタイムの監督コメント

・もっと思い切って仕掛けていくこと
・後半が勝負だ

試合後のコメント

■布啓一郎監督 記者会見コメント

Q:今日の試合を振り返って?
「最初に新潟さんに広くピッチを使われてボールを動かされましたが、守備を破綻しているわけでもなく、しっかり耐えて粘り強くやれていれば自分たちのチャンスになると思っていた。そこのところでセットプレーから点を失ったことが痛かったのは事実です。その後もチャンスを作ったんですが、やはり決めるべきところで決めないと、こういうゲームになってしまう。やはり最後のアタッキングサードのところの質を、もっともっと向上しないといけないということを感じたゲームでした」

Q:失点するまでは良い時間帯もあったと思うが、この試合の攻撃面での狙いは。
「お互いにアタッキングサードに入ったところでコンビネーションプレーを作っていくという狙いがあるチームなので、そういうところは上手くやれたところも何回かあったし、通らなかったところもありました。立ち上がりですから共にフレッシュなしのぎ合いという中で、何回かチャンスを作れたことは良かったと思います」

■浦田延尚選手のコメント

Q:セットプレーからの失点場面を振り返って?
「最初のボールのところで自分が触りにいって、触れたんですけど後ろの相手とガチャガチャとなってしまい、触った時に大きくクリアできればよかった。こぼれたところで寄せきれなかったのもありました」

Q:オープンプレーでの守備については、ある程度は守れていたと思うが?
「相手の2トップがかなりサイドに開いたことで3バックの距離は遠くなりましたが、1対1の対応では負けてなかったと思いますし、その点は良かったです。カウンターを受ける回数が多くて、自分たちのセットプレーの時のリスクマネジメントというところで、少し前がかりになり過ぎていたと思うので、そこに関しては反省点かなと思います。やはり先に失点すると苦しい試合になってしまうので、まずは失点ゼロのまま、先に得点できるような展開ができればと思います」

■阪野豊史選手のコメント

Q:前線にボールが収まらなったようでしたが。
「前半は失点するまでは守備もハマっていたと思うし、このままいけばいいかなと思っていました。失点してからはちょっとパワーがなくなったと思います」

Q:チャンスを決めきれないという課題があるなか、FWとして感じるところは。
「きょうはあまりシュートを打てなかったが、こういう時期はあると思います。1点でも入ればガラッと変わると思うし、やっていることを積み重ねるだけです」

Q:再開後、3試合を重ねてきての感触は?
「やっていることが出せている部分もあると思います。実際にやっている感触としても『完敗だな』とか『勝てなかったな』という試合は一つもないと思っています。でもサッカーは先に失点してしまうとすごく難しいスポーツ。シーズン始まって4試合で先制点を取られることが多いのでそこを改善していくことが大事になります」

■アルヴァロ ロドリゲス選手のコメント

Q:ピッチに出るとき監督からはどのような指示が出ましたか?
「思い切ってやれと言われました。ただ、相手がうまくブロックを作っていてポジショニングも良かったので非常にやりづらかったです。自分ができる最大限のプレーはできたと思います」

Q:セルジーニョ選手とのコンビネーションでチャンスが作れたと思いますが。
「ピッチに入ったタイミングでセルジに『お互いをもっと見よう』という話をしました。そこでうまくコミュニケーションが取れて、いい形の攻撃ができたと思います。勝ち点を獲得できた試合だったと感じているので、このような得点ゼロの試合を少なくしていかなくてはいけないと思います」

■高木利弥選手のコメント

Q:久しぶりに観客の前で試合をしてどうでしたか?
「新潟のサポーターの方でしたが、温かく迎え入れてくれました。久々に観られているなと感じられたのでよかったです。声援はなかったので雰囲気はいつもと違いましたが、拍手があったりと少し前進したなという思いです。このような環境を与えてくれた方々に感謝したいです」

Q:先制されてしまい試合展開は難しいように感じましたが。
「前節に立ち上がりで1点取られて自分たちで苦しくしてしまった部分があったので、今日はそこの部分を気をつけていた。まずは大胆なプレーで押し込もうというのは意識していたのですが、また前半に失点してしまった。前節の反省をうまく修正できなかったと思います。自分たちがいい流れのときに点が取れるかだと思うので、切り替えてやっていきたいです」

トップへ戻る